2011年6月 5日 (日)

建築士の独り言2011⑪

オープンシステムの話です。

住宅を建てようと思ったとき、たいていは、

ハウスメーカーや工務店に依頼するのが

大半です。

工務店とは別に設計事務所に自分から

依頼して、設計を依頼そして建てるのは

別の施工会社にするケースは

ほんの一握りです。

家を建てるのは個人にとって人生最大の

買い物で、一生のうちにそう何回もある

ものではありません。たいていは1回です。

ではその一生に一度のイベントになぜ

もっとかかわらないのでしょうか。例えば、

あるハウスメーカーへ依頼したクライアント

は間取りは予算からこの間取り、使う材料

は外壁はサイディングでこの中から

(メーカーカタログ)選ぶ、屋根も、

内部の仕上げも、内部の仕上げもすべてが

クロス張りクロスのカタログから選ぶだけ、

キッチン、お風呂、洗面、すべて出された

カタログの範囲の中からチョイスしていく

だけです。これで本当にいいのでしょうか?

ある調査で自分が選べるとすれば家の

内壁はクロスを使わない人が圧倒的に

多い結果が出ています。またクロスを使う家は、

欧米ではほとんどありません。クロスが悪い

わけではありませんが、クロスしか選択肢が

ないというのがそもそもおかしいのです。

自分が住む家ですからもっとこだわりを

持って、いろんな選択肢を考えてその

中から選んでいける、これって本当に

当たり前のことだと思います。しかし現実は

当たり前のことが当たり前にできない。

予算という壁でこれしかないって言われて

しまう。ある工務店の社長と話したのですが、

客は予算の壁がネックになって例えば

クロスの壁を珪藻土に変えたらいくらいくら

高くなるから、予算オーバーになってしまう

だからこの予算ではこれしかできない、

というとたいていはあきらめてしまい、

工務店の提示した内容で事が進んでいくこと

がほとんどです、そして後で聞くと利益は

25%あったとか、3000万の家で1000万利益

が出たとか平気で話をしています。

しかしその工務店の社長は自らクロスを

張ったりはしません。大工仕事も、左官も、

すべて下請けです。

そして仕事のチェックはすべてその専門

工事会社が自ら行っています。

特に隠れてしまう部分は誰も見ていない。

そんなことでいいのでしょうか、大きなお金を

払ってすべてを任せてしまっていいのでしょうか。

オープンシステムはそんな当たり前のことを

当たり前に行うための手法です。

続きはオープンシステムを詳しく説明します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 9日 (火)

建築士の独り言⑪

09060714 6月7日の日曜日オープンシステムの大阪メンバーと、各省エネ、

エコに取り組んでいるメーカーと合同で、「省エネ、エコ住宅フェア

2009」と銘うって、イベントを開催しました。天候も幸いなことに、あ

まり暑くなく、雨の心配のない状態で行いました。午前中は、それ

ほどでもなかったんですが、午後からは大盛況で、たくさんの人に

きていただきまたイベントの各ブースも興味があるのか説明を

受けている人がたくさんいました。中には見積もり依頼も受け付け

ているメーカーもあったみたいで結構な見積もり依頼を受けたみたいです。

設計事務所としてはオープンしシステムを知ってもらうために、たく09060718_2

さんの人にアピールができたと思いますがこれからの雰囲気次第です。

写真は目玉のイベントであるチェーンソウアートの世界といううことで、

チェーンソウの木彫りの実演を行いました。午前午後一度ずつ行い、

その作品をアンケートを書いていただいた方に抽選で

差し上げました。あたった方は大変喜んでいただき、イベントは

そこそこ成功であったと思います。写真は午前中ですので

ちょっと少ない雰囲気ですが午後はたくさんの人にきていただきま

した。よかったです!

また秋に計画したいの思っています。

   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月29日 (木)

建築士の独り言

2007年3月25日942分に能登半島沖でマグニチュード6.9の地震が発生しました。震度は輪島市などで震度6強となっています。被災地の方には謹んでお見舞い申し上げます大きな地震の割には被害が意外に少なく不幸中の幸いであると各メディアが取り上げていますが、その中で建物のあり方注目した記事もありました。それはこの地方独特の建物の姿が地震に強かったということです。まずひとつは、建物のバランスがよかったということです。つまり正方形に近い家が多かったといわれています。また住宅そのものは古いものが多くても(築40年50年以上)雪国の積雪にも耐えうるように柱は太く、高さも低いものが多かったようです。そして一階の壁が多く配置されていて、それも柱の横には壁が両サイドの配置されていたいえが多かったみたいです。この地方は地震の発生する頻度が低いといわれていて、現いいままではあまり地震による被害を受けていないという歴史がありますが、それにもかかわらず倒壊した建物が少なかったなのは、この地方独特の建物のあり方によるという内容の記事でした。現在の住宅は大きな開口、大きな空間とそしてコストを抑えるといったように地震対策としては矛盾する考え方が多くあります。しかし地震国である我が国土に建物を建てる場合先人の知恵ともいうべき建物のありようを考えていくべきではないでしょうか。現在のニーズと先人お知恵をどうマッチさせていくか、建築士にとって大きな課題を突きつけられたような気がします。ちょっとブログをサボっていましたがこれからは肩張らずにその時々に思ったことを書き加えて行きたいと思います。不定期になりますがよろしくお願いします。またコメントもお寄せください。

| | コメント (0) | トラックバック (2)