2010年2月18日 (木)

建築士の独り言2010⑥

建築基準法の改正がこの国会であるようです。この前変わった

ばっかりでこう何回も変わっては、ややこしくて困ってしまいますが。

今回の改正は、今までとは違って建築士に少しいい

改正になると思います。

それと消費者にとって建築士の職能が少しでも利用できる、

改正になってほしいと思います。

これは私の私見ですが、

① 建築士事務所の開設者及び管理建築士は施工会社に

  所属してはならない。

② 施工会社が設計事務所を開設する場合は別会社とし、

   設計した案件は資本が違う施工会社が請け負うこと。

③ 建築士は必ず都道府県の建築士会に所属すること

④ 建築士関係の団体は一本化すること

⑤ 小規模建築物でも型式認定以外の建物は建築士団体

  所属の  建築士が必ず設計監理を行うこと

⑥必ず完成検査を受け検査済み証を発行すること。

⑦検査済み証が発行していない建物の設計者の罰則規定を

  強化すること

 などありますが、実現できるといいと思います。   happy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月25日 (月)

建築士の独り言2010④

22日の国交大臣の記者会見で建築基準法の見直しについての

方針が示されました。今国会では法律の改正まではできないが

運用面で改善していきたいと言うコメントでした。先の馬渕副大臣も

基準法の見直しを進めていく上で、運用面の改善を早くやる方針

です。いい方向だとは思いますが、基準法自身の法理念が解釈法

でだんだんと遠ざかっているような気がします。昭和25年に制定

された法律ですが、元はといえばGHQの方針で、焼け野が原に

なった建物を早くそして、安全な建物として普及させるために制定

しましたが当初GHQの方針は施工サイドと、設計サイドの成り立

ちを明確にし責任の所在を問題がおきたときの責任の所在を

はっきりさせるよう指示したとされています。しかし当時を

含め日本では設計という概念はきうすで一部の大規模建物

だけを欧米の建築家が設計してきました。しかし大多数の住宅を

含め小規模建物は従来の棟梁制度を残したいという

方針で、ハウスメーカーのように住宅を一貫して作るような

会社ができ、ゼネコンのように設計も施工も一緒にできる

ような会社ができました。高度成長期はそのほうが効率的でし

たが、日本は地震国です。幾多の地震が各地で起きます。

そのたびに構造的な基準の見直しはなされましたが、根本的

な責任の所在をはっきりさせてきませんでした。しかし阪神淡路

大震災が起き、多くの人命が失われそして多くの建物が倒壊

しました。もちろん未曽有の災害ではありましたが、後の検証

で多くの欠陥が見つかりました。これはあまり公表はされてい

ませんが、しかし倒壊建物の多くが何らかの欠陥があったこと

は事実です。これはやはり責任の所在をはっきりさせてこなかった

ために、見落としやみつけていても指摘しなかったなどの、

人的な要因が大きいと思います。

ちょっと長くなりましたので続きは又今度。

| | コメント (0) | トラックバック (0)