2016年10月28日 (金)

建築士の独り言2016②

先回の続きで、10月の初めにNHKの特集番組で熊本地震で倒壊した

建物のうち新しい耐震基準で建てられた建物も倒壊という最悪の状態に

なっている建物がいくつもあるという調査がなされていました。

あたらい耐震基準は震度7でも建物は壊れることはあっても倒壊はしない、

そして人命は守るという考え方の基に定められたものです。

しかし倒壊した。なぜなのかを検証する内容でした。

先回も述べたように、2階建ての木造住宅では科学的な根拠に基づく

構造計算がなされていないのが現状です。ですから簡易型の仕様対策では

このような大きな揺れには対応しきれないといううことが実証されました。

4号建物といわれるものも科学的な構造計算に基づく構造設計が必要なのです。

調査した結果現在新しい基準で建てられた4号物のうち科学的な

構造計算で計算しなおうと7割はNGという結果がでています。

今回の熊本地震級の地震が起きた場合7割近くは倒壊の危険があるということです。

皆さんどう考え、どう行動しますか。、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月26日 (木)

建築士の独り言2016①

久しぶりにブログを書きます。熊本地震が発生して1ヶ月余りがたちましたが、被災地では

多くの被災者がまだ避難所で、苦しい生活を強いられています。一刻も早く以前の生活が取

り戻せることを切に祈ります。

さて、今回の地震で多くの家屋が倒壊して、その犠牲になられたことは、建築士として痛恨の

極みといわざるを得ません。2回の震度7に襲われたことは想定外の出来事といわれていま

すが、同じ場所で倒壊した建物、そうでない建物との差が存在していることは事実です。

まだ研究機関の調査はなされいていませんが、新しい基準ができた後に建てられた住宅の

倒壊も数多く見られましたが、建築として基本的なことをきちっとなされていれば、少なくとも

耐震設計、耐震に関する基本的なこととして、設計、施工がなされていれば、何割かは倒壊

を免れたのではないかと思われます。これはこの地域でのことではないですが、関東のある

地域の公共の住宅供給機関で建てられた建物が、半分以上が建築基準法の最低基準を満

足してない建物があったと公共の住宅供給機関が認めたことで物議をかもしています。

これは確認申請の手続き上4号建物の緩和という法律があります。その条文にはこう書かれ

ています。「第6条第1項第4号に掲げる建築物で建築士の設計に係るもの」

は「構造の確認検査の規定を緩和する」これを読み替えると木造2階建ての建築で面積が

広くなければ、構造の確認審査は受けなくてもいいことになります。

この規定を盾にとって、今行われていることは、構造の規定を新しい基準でなくても建ててし

まうことができてしまうといううことです。私としてはこの基準はなくすべきだと思います。

まじめに構造の設計もしている、自分としては非常に憤っています。

続きはまた今度

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月15日 (木)

建築士の独り言 2015 ⑦

またまた大手デベロッパーと、大手ゼネコンによる、取り返しの付かないミスが

発覚しました。それも杭の施工ミスありえないことである。

新聞発表だと52本中8本が不良(28本調査中)とありました。

ということは3割が不良ということになります。この状態で震度6強にも耐えうる

とは考えられません。3割不良といううことはその分が他の

杭に負担がかかるわけで、他の杭も耐力不足となってしまいます。

ですから杭を打ち直さない限り修正不可能と思います。

なぜこんなことが起こるのか、ゼネコン出身OBとしてはおそらく現場を管理する

時に杭工事の重要さを管理者として認識が甘いと思います。

建築の現場管理者は目に見える部分地上部分についてはそれなりに管理する

がこと地盤になると下請け任せにする傾向があります。

旭化成建材が施工したとありますが。施工時に杭の設計長さ管理を優先して

実際の支持層を確認したかどうかデーターを改ざんしたというよりも

おそらく電圧データーだけで二アリーアンペアを確認しただけと思います。

ベテランのオペレーターだったらおそらくそのときに認識していたと思います。

ですから今回の件は下請け業者は認識していたと考えられます。何らかの

圧力で、不良のまま施工終了せざるを得なかったのではないかとおもいます。

ですから今回の件は人的なミスではなく、故意に行ったものと思われ

悪質です。 しかしこれも本当はゼネコンの管理者が見抜かないといけない問題です。

見抜く眼があれば3割もデーター改ざんが行われるのは不可能と思います。

これも失われた20年(バブル崩壊による)の技術移転が出来なかった弊害だと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月29日 (木)

建築士の独り言2015 ②

新しいHPにリニューアルしました。

建物のリニューアルも様々に取り組まれていますが、

用途変更など建物を再利用しようとしたとき、法律の壁の

ハードルがかなり高く、様々な規制緩和が必要と思います。

特に最近20年以上前の建物を用途変更しようとしたとき、

検査済証がないために用途変更ができないケースが多くあります。

20年前など検査済証がない建物が90%以上あり

検査済証がなくても用途変更できるような何らかの緩和処置が

必要でそうでなければいつまでも古い建物を壊して

新しく作り直すようなスクラップアンドビルドのやり方でしか

社会資本の新陳代謝ができないにではないでしょうか

今年も思いついたことを時々書いていきますので

よろしく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月 7日 (水)

建築士の独り言 ⑦

2015年明けましておめでとうございます。

本年も独り言を発信します。

建築の雑誌の記事にデザインビルトのことが載っていました。

デザインビルトとは設計施工一括で発注することです。

【デザインビルドの主なメリット】

・設計と施工を一元化することにより、施工者のノウハウを反映した

設計や、施工者の固有技術を活用した設計が可能になる

・発注業務が軽減されるとともに、設計段階からの施工の準備が

可能となる

・設計時から施工を見据えた品質管理が可能になる

・施工者の得意とする技術の活用により、より良い品質が確保される

・技術と価格の総合的な入札競争により、施工者の固有技術を活用

した合理的な設計が可能となる

【デザインビルドの主なデメリット】

・施工者側に偏った設計になりやすくなる

・設計者や発注者のチェック機能が働きにくくなる

・契約時に受発注者間で明確な責任分担がない場合、

工事途中段階で調整しなければならなくなったり、受注者側に

過度な負担が生じたりすることがある

・発注者側が設計・施工を“丸投げ”してしまうと、本来発注者が

負うべきコストや品質確保に関する責任が果たせなくなる

とあります。

住宅の場合はデザインビルトが90%以上の割合で行われています。

設計施工で行われる建築は発注者にとってメリットがあるのか

デメリットなのかわかりません。90%以上がその方法で行われて

いるということは指示されているのでしょうか。

私は、住宅の建築において設計事務所を選ぶ選択肢が

極端に少ないためと思います。しかし設計施工で行う場合の

発注者にとって一番のリスクは、問題が生じた時のチェック機能がない

ために、発注者にとって大きな負担が生じることです。

ここに第3者が発注者に代わってチェックをする立場に

存在するのが設計者で監理者です。

やはり第3者が存在することで、建築の品質を担保する

ことができると思います。

以上本年も言いたいことを独り言します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月11日 (水)

建築士の独り言 ④

この2、3日横浜市の分譲マンションで杭施工ミスによる建物が

傾いたことを盛んにTVで報道されていますが、杭が支持層まで
 
達していないのが原因だといううことです。
 
当時のボーリング調査がどのようにされたかは不明ですが、
 
私の推測として現場での杭打ち作業のとき、下請けの業者の
 
作業をまかせっきりで、報告だけをうのみにして、
 
ボーリングデーターと実際の杭作業で確認された支持層の
 
確認が十分行われていたかどうかが疑問視されます。
 
またこういった現場は設計監理担当の建築士が必ずいるもので、
 
その監理者も確認を怠ったことになります。
 
私もゼネコンの現場監督を25年以上前ですがやっていましたが、
 
当時はくい打ち作業は建物を作る上の一番の基礎中の
 
基礎なので、その確認作業は慎重にも慎重に
 
施工会社、現場監理者が細心の注意をしていたように
 
思います。私も杭の種類にもよりますが場所打ち杭の場合、
 
柱に対して1本2本の数しかないので全数支持層の確認を
 
業者任せではなく自分でしていました。(そのように教育されていました)
 
昨今の大手ゼネコンの相次ぐ施工ミスは、現場での経費削減
 
のため管理する人員が少なくなって一人一人の管理する内容
 
が多岐にわたり、肝心なところで見落としてしまう、また現場で
 
ミスが発生しやすいポイント、ミスをした場合致命傷になる
 
ポイントなどいくつかマニュアルではなかなか管理しきれない
 
部分の技術伝承ができていないのではないかと推測されます。
 
こんな致命傷になるようなミス、技術屋としてはやってはならないし
 
あってはならないとおもいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月17日 (月)

建築士の独り言 ③

建築基準法が改正される今度の通常国会での

成立を目指すようですが、見直しの柱は構造計算適合判定

のようですが、3階建ての耐火建築物にも緩和があるようです。

木造の建物の普及のためです。また容積率の緩和も

あるみたいですが、緩和のあまり安全性がないがしろに

されるのが心配です。大多数を占める木造2階建て(4号建物)

での構造計算の義務付けをきちっとするべきだと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月12日 (水)

建築士に独り言 ②

3年前の3月11日東日本大震災が起こりました。

テレビの映像に映る。光景にどうすることもできない

無念さが思い出されます。

私たち人間は自然の猛威には何の抵抗するすべもない

無力な存在であることを痛感させられました。

3年がたち復興に向けて被災地では進みつつあるようですが、

その進捗は牛歩の歩みです。

私たち関西に住んでいるものは、東日本の地震と阪神淡路の

地震を比較して考えてしまいます。

阪神淡路のとき破壊した建物の無残な姿に建物が凶器になる

姿を建築士として心痛む思いでいたことを思い出します。

建物が凶器になることを防ぐのも建築士の仕事です。

その思いを忘れないようにします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月 8日 (木)

建築士の独り言2013⑩

昨日コンクリート技師の4年毎の更新研修に行ってきました。

1998年にコンクリート技師試験に合格してから4年毎の研修を

受けてきましたが、最新のコークリート建物特に高強度の

コンクリートは住宅の設計をしていると知らないことばかりでした。

JASS5も改定されて、住宅に基礎コンクリートの項目の記述もあります。

改めて勉強になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月30日 (木)

建築士の独り言2013⑨

南海トラフの地震情報が各新聞の第一面に載り

翌日 既存木造住宅の耐震改修の講習会に行きました。

2012年改正の改修指針の講習です。

講習会から帰ってきたら、耐震改修診断の依頼がありました。

地震の懸念は多くの方が不安としてありますが、

なかなか費用を出して改修をするところまでいかないのが

現状です。取り合えづ診断をして倒壊の恐れがあるかどうか

診断し、その後どこまで改修するか検討することがいいと思います。

補助金もある程度出るようですから、この際診断だけでも受けておくほうが

いいと思います。

当社箕面市の木造住宅等の耐震対策事業者です。

地震いつ起こるかわかりませんよ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧