« 2019年9月 | トップページ | 2020年3月 »

2020年2月22日 (土)

建築士の独り言2020①

2020年の独り言です。

建築士法が改正されました。下記のように4号建物の構造計算書の図書の

保存が義務化されました。これによって4号建築の構造計算が

必要です。

 

 

建築士法により建築士事務所の開設者は一定の図書について15年間保存することが義務づけられています。

このたび建築士法施行規則を改正し、保存の対象となる図書を拡大しました。
 

背景

 4号建築物及び建築確認の不要な建築物であっても、建築基準法令等の定める基準に適合することが義務づけられており、

建築士は適切に設計し、構造安全性を確かめることが当然に求められています。これまでも、

建築士事務所の開設者には一定の図書の保存が義務づけられていましたが、木造建築物の構造安全性を

確かめるための重要な計算である壁量計算、四分割法の計算及びN値計算に係る図書や、

構造安全性を確かめることで一部の仕様規定を適用しないこととするための構造計算等に係る

図書については保存が義務づけられていませんでした。
 

このような状況を踏まえ、仮に建築物に係る構造安全性について疑義が生じた場合であっても、

構造安全性が確保されていることを建築士が対外的に立証できるようにするとともに、

設計等業務の委託者の保護を図る観点から、建築士事務所の図書保存の制度が見直されました。
 

改正の概要

 全ての建築物について、

配置図、各階平面図、二面以上の立面図、二面以上の断面図、基礎伏図、各階床伏図、小屋伏図、構造詳細図、構造計算書等

(※)、工事監理報告書の保存を義務づけることとしました。

 (※)構造計算書等とは、
  [1]保有水平耐力計算、限界耐力計算、許容応力度等計算などの構造計算書
  [2]仕様規定の適用除外のただし書で必要な構造計算、燃えしろ設計に係る構造計算等の構造の安全性を確認するために行った

構造計算の計算書
  [3]壁量計算、四分割法の計算、N値計算に係る図書
 

設計が建築基準法第6条第1項第2号又は第3号に係る図書である場合  左 記 以 外 の 場 合
建築士でなければできない設計又は工事監理に係る図書である場合  左記以外の場合(100 ㎡以下の2階建て木造の建築物等の設計又は工事監理に係る図書である場合) 
保存図書の追加
 ・構造計算書等の一部(上記[2]及び[3])
保存図書の追加
 ・基礎伏図 ・各階床伏図
 ・小屋伏図 ・構造詳細図
 ・構造計算書等(上記[1]、[2]及び[3])
新規義務付け
 ・上記下線部の全ての図書


○図書の例

図 書 ↓ click
基礎伏図、各階床伏図、小屋伏図、構造詳細図の例 
((公財)日本住宅・木材技術センター作成)
 pdf file download 
構造計算書等のうち、[1]及び[2]に該当する図書  pdf file download 
構造計算書等のうち、[3]の図書の例
((公財)日本住宅・木材技術センター作成)
 pdf file download 



本HPのパンフレット(PDF)

| | コメント (0)

« 2019年9月 | トップページ | 2020年3月 »