« 建築士の独り言2019③ | トップページ

2019年9月 4日 (水)

建築士の独り言2019④

今回は毛色の違った話をします。

現在私の事務所では設計図書の作成はすべて3DCADを使って

BIM(ビルディングインフォメーションモデリング)

としてデーター管理をしようとしています。

現在はCADデーターは3DCADですが、施工会社に渡すときは

PDFデーター(紙データー)でしか渡せません。

また確認申請機関にも申請書の表紙はデーターですが

審査は紙データーです。

先日3DCADのユーザー会でのセミナーで

鹿児島の確認申請機関(ERI)で行った申請をすべて

電子申請で行った方法の発表を聞きました。

画期的でした。面積などCADデーター上で検討ができ、

採光計算もIPADで検証を行って

紙データーは最初の申請書の1面から6面までの書類だけが

確認申請書としてタブレット上での管理だけで

行ったものです。

データー上での管理できれば図面の不整合が少なくなります。

検査期間も短くなり改ざんがしにくくなります。

国土交通省のHPでもBIMでの活用を推奨しています。

これからは3DCADの普及が加速的に増えると思います。

いまだにJWCADを使っている設計事務所は多いですが、

サポートがなくなってしまうようなCADソフトは

使わないほうがいいかと思います。

|

« 建築士の独り言2019③ | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 建築士の独り言2019③ | トップページ