« 建築士の独り言② | トップページ | 建築士の独り言2019① »

2018年12月31日 (月)

建築士の独り言2018③

2018年も今日で終わりですが、来年は元号も変わり平成も終わりです。

思えば平成3年に独立して以来設計に携わって27年、

その過程でオープンシステムに出会って20年当初は既存の

建築システムを壊して、建築革命宣言、分離発注をすることで

今まで下請けで工事をしていた職人を元請として工事の

責任を持ってもらう。このシステムに多くの建築士に

参加してもらい、住宅建設における選択肢の一つとして

認知してもらうことを目的として、当初10人ほどから集まり

次第に多くが賛同し一番多く集まったときには400社以上の

建築事務所(個人事務所も含めて)が集まりましたが、

現在は203社、そのうち活動をしていると思われる設計事務所

は半数にも満たないのではないでしょうか

業者バンクに登録している専門工事業者も

だんだん数が減って工種別の複数入札もできなくなっています。

原点に戻り最初の理念を貫いてこそ未来が

あると思うのですが。来年はもっと多くの設計者が

賛同できるような施索が必要と考えます。

|

« 建築士の独り言② | トップページ | 建築士の独り言2019① »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123620/67540591

この記事へのトラックバック一覧です: 建築士の独り言2018③:

« 建築士の独り言② | トップページ | 建築士の独り言2019① »