« 建築士の独り言2018① | トップページ | 建築士の独り言2018③ »

2018年11月30日 (金)

建築士の独り言②

今年もあと1ヶ月で終わりますが、今年は災害が多く
発災した印象があります。水害、地震、台風、猛暑、
普段は感じなくても、いざという時、自分の身を守るのに
どのような行動をとるのか普段から考えておくことが大事ですが、
喉元過ぎれば、とあるように人間日々の事柄に追われ
ついつい忘れてしまいます。「災害は忘れた頃にやって
くる」まさにその通りです。でも建築士としては
第1番に命を守る、その思いを忘れてはいけないと思います。
まだまだこの仕事を続けるつもりですが、この事を忘れずに日々やっていきたいと思います。

|

« 建築士の独り言2018① | トップページ | 建築士の独り言2018③ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 建築士の独り言②:

« 建築士の独り言2018① | トップページ | 建築士の独り言2018③ »