« 建築士の独り言2017⑦ | トップページ

2018年6月19日 (火)

建築士の独り言2018①

昨日震度6弱の地震が起きました。本棚が倒れ本が散乱し

食器棚もドアが開いて食器が割れてしまいました。

幸いに怪我はなかったですが、ちょっと片づけが大変です。

今のところ近隣もけが人はいなかった模様ですが、どの家も

家具が倒れたりしたようです。

設計した建物も異常がなかったようで一安心です。

お客様からのお声でどんな地震でも家は大丈夫という安心感

があるのでとても強いです、と連絡頂き少し自分のやってきたことが

お役に立てたことを喜びに思います。

地震は何時どこで起こってもおかしくないのがこの日本です。

そして地震によって凶器に代わってしまう建物にならないように

設計しているのが設計者です。それだけ設計者の責任は

思いのです。その思いを消費者にもわかってもらう

ことをやり続けたいと思いまます。

|

« 建築士の独り言2017⑦ | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123620/66847031

この記事へのトラックバック一覧です: 建築士の独り言2018①:

« 建築士の独り言2017⑦ | トップページ