« 2017年6月 | トップページ | 2017年9月 »

2017年7月27日 (木)

建築士の独り言2017⑤

新国立競技場の建設現場で23歳の若者が長時間労働の末

自殺してしまった、いたましいことがありました。

長年建設業界は3K職場とも言われ、「きつい、汚い、危険」、が付き物

とされてきました。おそらく環境は様々改善されても、他業界と比べると

その性質は変わっていないのではないかと思います。

私も30年前には建設会社の現場監督をしていましたが、その頃も

長時間労働は当たり前で、若い新入生(大卒でも)現場労働者と

同じように泥だらけになって働いていたものです。

しかしその時代ノミュニケーションといって、上司、同僚との

コミュニケーション、良くも悪くも、愚痴を言い合い、

無礼講で上司の悪口、先輩のアドバイスなど、

様々なコミュニケーション、ストレス解消に役立っていたのではないかと

思いますし、そのコミュニケーションで、技術の伝承も

行われていたような気がします。

それは大変重要なことで、先輩の仕事術を盗めるいいきっかけ

だったと思います。最近の風潮で個人主義はさも現代風

のように思われていますが、それは孤独という弊害も

生まれているのではないでしょうか。

この自殺した若者は非常に孤独だったのではないでしょうか、

こういった過酷な現場ほど人間同士のおせっかいが

救ったのではないでしょうか。残念でなりません

ご冥福をお祈りします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年6月 | トップページ | 2017年9月 »