« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »

2017年5月 1日 (月)

建築士の独り言2017③

先回の独り言にも書きましたが、日経アーキテクチュアの紙上シンポジュームでも

4号特例の廃止の議論があり一般的に4号建物に建築士の構造チェックは

行われていないのが大半であるというう議論でした。そのために

プレカット工場で描かれた伏せ図で接合金物や、HDなどはプレカット工場と

施工会社、販売会社の担当者レベルで決めていたのではないかということです。

4号建築物は特例で構造審査がない。3号建築物になると審査がある。

2号建築物になると構造設計一級建築士でかつ適合判定。

専門家が関わっているもののほうがチェックが厳しく、

関わっていないほうがチェックが甘いのはやはりおかしいとおもいます。

見直すならこちらが先だと思います。

4号特例は審査が省略されているだけ。

実際の構造検討はされているはずなですがそれがなされていないのはおかしい。

では審査する側の怠慢なのでしょうか?

4号特例廃止で困る業態といえば、1日○○○棟建てるとか謳っている

建売住宅メーカーでしょうね。

恐らく設計にまともな建築士は携わっていないでしょう。

数だけが勝負ですから壁量チェックなどされればその分審査が

1~2日延び着工が遅れると文句を言うことでしょう。

日本に無くてよい業態です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »