« 建築士の独り言2016② | トップページ | 建築士の独り言2017② »

2017年2月22日 (水)

建築士の独り言2017①

国交省のHPに建築士の懲戒に関する資料が毎年でていますが、

いまだに名義貸をして懲戒になっている建築士がいることはまっとうに

建築士業務を行っているものには残念でなりません。

以前建築士事務所協会、建築士会と一線をかくすために

建築家協会として設計監理専門集団として施工会社

に対して第三者としてクライアントに対して望むべき設計士を

目指す集団としての集団に身をおいたことがありますが、

建築士としての職能集団としてのクライアントに対する

アピールをあまりにしなさ過ぎるので脱会をしましたが

建築士の職能をクライアントにアピールするためには

建築士としての知識、モラル、そして社会的ステータスの

向上をもっと目指すべきと思います。そうしないと

有能な人材はこの業界に入ってこなくなるのでは。

|

« 建築士の独り言2016② | トップページ | 建築士の独り言2017② »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123620/64925242

この記事へのトラックバック一覧です: 建築士の独り言2017①:

« 建築士の独り言2016② | トップページ | 建築士の独り言2017② »