« 2015年10月 | トップページ | 2016年10月 »

2016年5月26日 (木)

建築士の独り言2016①

久しぶりにブログを書きます。熊本地震が発生して1ヶ月余りがたちましたが、被災地では

多くの被災者がまだ避難所で、苦しい生活を強いられています。一刻も早く以前の生活が取

り戻せることを切に祈ります。

さて、今回の地震で多くの家屋が倒壊して、その犠牲になられたことは、建築士として痛恨の

極みといわざるを得ません。2回の震度7に襲われたことは想定外の出来事といわれていま

すが、同じ場所で倒壊した建物、そうでない建物との差が存在していることは事実です。

まだ研究機関の調査はなされいていませんが、新しい基準ができた後に建てられた住宅の

倒壊も数多く見られましたが、建築として基本的なことをきちっとなされていれば、少なくとも

耐震設計、耐震に関する基本的なこととして、設計、施工がなされていれば、何割かは倒壊

を免れたのではないかと思われます。これはこの地域でのことではないですが、関東のある

地域の公共の住宅供給機関で建てられた建物が、半分以上が建築基準法の最低基準を満

足してない建物があったと公共の住宅供給機関が認めたことで物議をかもしています。

これは確認申請の手続き上4号建物の緩和という法律があります。その条文にはこう書かれ

ています。「第6条第1項第4号に掲げる建築物で建築士の設計に係るもの」

は「構造の確認検査の規定を緩和する」これを読み替えると木造2階建ての建築で面積が

広くなければ、構造の確認審査は受けなくてもいいことになります。

この規定を盾にとって、今行われていることは、構造の規定を新しい基準でなくても建ててし

まうことができてしまうといううことです。私としてはこの基準はなくすべきだと思います。

まじめに構造の設計もしている、自分としては非常に憤っています。

続きはまた今度

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年10月 | トップページ | 2016年10月 »