« 建築士の独り言2014① | トップページ | 建築士の独り言 ③ »

2014年3月12日 (水)

建築士に独り言 ②

3年前の3月11日東日本大震災が起こりました。

テレビの映像に映る。光景にどうすることもできない

無念さが思い出されます。

私たち人間は自然の猛威には何の抵抗するすべもない

無力な存在であることを痛感させられました。

3年がたち復興に向けて被災地では進みつつあるようですが、

その進捗は牛歩の歩みです。

私たち関西に住んでいるものは、東日本の地震と阪神淡路の

地震を比較して考えてしまいます。

阪神淡路のとき破壊した建物の無残な姿に建物が凶器になる

姿を建築士として心痛む思いでいたことを思い出します。

建物が凶器になることを防ぐのも建築士の仕事です。

その思いを忘れないようにします。

|

« 建築士の独り言2014① | トップページ | 建築士の独り言 ③ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 建築士に独り言 ②:

« 建築士の独り言2014① | トップページ | 建築士の独り言 ③ »