« 建築士の独り言2011⑯ | トップページ | 建築士の独り言2011⑱ »

2011年6月16日 (木)

建築士の独り言2011⑰オープンシステム

≪工事は分割発注で≫

専門工事業者(普通は下請さんといっていま

すが)は大工さん、基礎屋さん、サッシ屋さん、

内装屋さん、というような業者です。

実際の工事現場においては、実際に作業を

行うのはこの人たちなのです。

住宅の場合は15社から20社くらい

専門工事業者の参加が必要になります。

オープンシステムでは施主と、これら専門工事

業者が直接工事請負契約を交わします。

したがって契約のときには一社ずつ

ます。」 

というような挨拶が交わされます。

施工における最初のコミュニケーションの場です。

ん。建築工事の場合は必ず元請会社がいて、 

 

工事全体を一括で契約し、下請へ、孫請へ

と外注に出されてきたのです。

続く


|

« 建築士の独り言2011⑯ | トップページ | 建築士の独り言2011⑱ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 建築士の独り言2011⑰オープンシステム:

« 建築士の独り言2011⑯ | トップページ | 建築士の独り言2011⑱ »