« 建築士の独り言2011④ | トップページ | 建築士の独り言2011⑥ »

2011年5月18日 (水)

建築士の独り言2011⑤

エコポイントのポイント申請の期間が短縮されました。

予算がなくなってきたとの理由です。

東日本大震災を受けて国庫負担が増えるのはやむをえないにしても、

今日本では原発事故により電力不足、エネルギー不足など、

いかにして電力エネルギーを使わずに日々の生活を国の

最重要課題として国民全体が取り組まなければいけないと

声高に政府は言っていますが、ではこのエコポイント制度は同でしょうか。

当初は景気刺激策としてスタートしていますが、今は節電、

省エネルギー政策の柱ではないでしょうか。国策として節電、

省エネを掲げるのであれば、もっと省エネ対策の柱として

拡充し続けていくべきではないでしょうか?

何かいうことと、やることがちぐはぐのような気がします。

もっと続けるべきです。それによって内需が拡大すれば、

税収も増え、財政もよくなるのでは!!

|

« 建築士の独り言2011④ | トップページ | 建築士の独り言2011⑥ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 建築士の独り言2011⑤:

« 建築士の独り言2011④ | トップページ | 建築士の独り言2011⑥ »