« 2010年12月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月13日 (日)

建築士の独り言2011②

東北地方太平洋沖地震で被災された皆様に心よりお見舞い申し

上げます。私たち建築士は日ごろから地震から建物をいかにし

て守るかそしてそこで営まれる生活人命をいかにして守るか日々

それぞれの立場で考え日常の仕事として取り組んできましたが

今回の出来事は、地震もさることながら、津波による甚大な被害

がTV画面から繰り返し流され、基礎を残して流されていく木造を

家を映像を通してみているとその自然の猛威の恐ろしさを

まざまざと見せ付けられました。そこには人間のちっぽけな

知恵など及びもつかない想像を絶する光景を見せられ、

映像を通してしかできませんが思わず手を合わせて、多くの人

が助かってほしいと祈らざる終えませんでした。

しかし、阪神淡路大震災を経験している私たちは、

今、これから被災地がどのような状況でどのようになっていくのか

経験しているからある程度想像は付きます。とにかく今救助を

待っている人たちには、1分1秒でも早く救助隊が駆けつけ

助け出されることを願います。また被災して避難所で多くの

人たちはこれからどうするか途方にくれていると思います。

まずは国家としての支援はもちろん、地域、近所、そして家族

が助け合い、これから復興に向けて一日でも早く、普通の

生活、環境を取り戻せるように支援をしていかなければ

ならないと思います。一個人が微々たる事しかできない

かもしれませんが、なにかお役に立てることがないか

考えて行きたいと思います。

被災されたかたがたに心よりお見舞い申しあげます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 8日 (火)

建築士の独り言2011①

すみません今年の独り言が今になってしまいました。

新しい住宅が完成しました。

Dsc00904s_2

モノトーンの外壁でオシャレに完成しました。

今年は少しは景気も良くなるのでは?

期待して独り言にお付き合いください。

今日はこれぐらいでまた次回書きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年4月 »