« 建築士の独り言2010⑤ | トップページ | 建築士の独り言2010⑦ »

2010年2月18日 (木)

建築士の独り言2010⑥

建築基準法の改正がこの国会であるようです。この前変わった

ばっかりでこう何回も変わっては、ややこしくて困ってしまいますが。

今回の改正は、今までとは違って建築士に少しいい

改正になると思います。

それと消費者にとって建築士の職能が少しでも利用できる、

改正になってほしいと思います。

これは私の私見ですが、

① 建築士事務所の開設者及び管理建築士は施工会社に

  所属してはならない。

② 施工会社が設計事務所を開設する場合は別会社とし、

   設計した案件は資本が違う施工会社が請け負うこと。

③ 建築士は必ず都道府県の建築士会に所属すること

④ 建築士関係の団体は一本化すること

⑤ 小規模建築物でも型式認定以外の建物は建築士団体

  所属の  建築士が必ず設計監理を行うこと

⑥必ず完成検査を受け検査済み証を発行すること。

⑦検査済み証が発行していない建物の設計者の罰則規定を

  強化すること

 などありますが、実現できるといいと思います。   

|

« 建築士の独り言2010⑤ | トップページ | 建築士の独り言2010⑦ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 建築士の独り言2010⑥:

« 建築士の独り言2010⑤ | トップページ | 建築士の独り言2010⑦ »