« 建築士の独り言⑧ | トップページ | 建築士の独り言⑩ »

2009年3月30日 (月)

建築士の独り言⑨

住宅瑕疵担保履行法が10月1日施行するお知らせが国土交通省より各新聞に載っていました。10月1日引渡し物件からですが、4月1日から保険法人の受付が開始されます。この法律は住宅の供給者側の資力を担保して、瑕疵が発生したときに消費者が損害をこうむらないようにする法律ですが、瑕疵を補償する部位は限定されています。ですから一般によく発生する、設備とか、表面の仕上げ材の欠陥などはこの法律では補償されません。しかし消費者にとっては、表面上も構造上も欠陥には変わりなく、この秋以降補償をめぐってトラブルが多く発生することを予測する向きもあります。先回も書きましたが、この法律は最小限の消費者保護です。ですから賢い消費者は住宅を建てるとき、よく調べそして納得のいく方法で建ててください。大手メーカーだから安心ってことはありません。私たち設計者に任すことも選択です。オープンシステムは設計者が前面に出るやり方です。監理も本当の監理を行います。任せて安心です。欠陥の無い建物を造るには是非オープンシステムで!!!

|

« 建築士の独り言⑧ | トップページ | 建築士の独り言⑩ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 建築士の独り言⑨:

« 建築士の独り言⑧ | トップページ | 建築士の独り言⑩ »