« 物づくりの原点 | トップページ | 設計事務所とデザイイン »

2006年3月22日 (水)

最近の建築事情

gaikan_1

最近完成した建物の外観写真です。最近の

建築事情と仰々しくタイトルを付けましたが、

ごらんのように都会で一戸建て住宅を持とうと

するとまだまだ土地の値段はずいぶんと

庶民感覚からはかけ離れていて、どうしても

狭小地にならざるを得ないということです。

しかし、狭い敷地でも工夫次第では快適な空間

ができる、それはやはり建築家の手によらなければ

中々難しいものだということをここでは言っておきたいと

思います。

狭いながらも楽しい我が家、マンションの問題で

マンションを買うことはちょっとためらっている方、

是非建築家に相談ください。ひょっとしてマンションを

買うのと同等の価値で土地付き一戸建てが都会で

実現するかも、土地は狭くても空間利用は

工夫次第で大きな空間としてよみがえるかもしれません。

狭いからといいってあきらめずにに建築家に相談しましょう。

|

« 物づくりの原点 | トップページ | 設計事務所とデザイイン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 最近の建築事情:

» 建築家 家づくりソムリエ大阪市 長谷川浩一さん [家づくりソムリエ誕生秘話]
家づくりソムリエプロジェクトに新規参加の、今をときめく建築家 長谷川浩一さんをご紹介します。大阪府大阪市淀川区の一級建築士、長谷川浩一さん(アイ・シー企画株式会社)からいただいたコメントです。「住まいを新築しよう」そう思われた時から、頭の中では夢のデザ...... [続きを読む]

受信: 2006年9月11日 (月) 14時03分

« 物づくりの原点 | トップページ | 設計事務所とデザイイン »